ODMの生産受託請負を利用したマーケティング

メンズ

低コストで運用できる理由

レディー

生産受託請負業者が展開する既存の商品を自社商品として製品化・販売を行なうOEM(Original Equipment Manufacturer)は現在多くの企業で導入されているサービスの1つです。しかし、既存の商品しか選択することのできないOEMではマーケティングの可能性を限定的なものにしてしまう可能性もあります。更に詳細的に商品を製造・企画を行なうことで独自性のあるオリジナル商品を展開することで、マーケティングの効果を期待することができるでしょう。生産受託請負にはODM(Original Design Manufacturer)というサービスは、商品の設計から部品収集・組み立てまで多くの工程を立ち会うことができます。企画の段階で自社のノウハウやアイデアを活かすことにより、オリジナルブランド商戦で事業拡大の成果が期待されます。ODMの生産請負サービスは新興国の会社に業務委託をすることで、新商品開発にかかるコストを大幅に削減できることや、製造や企画の初期段階から立ち会うことができるODMは商品発売後の売上データや商品展開の戦略を練る際に、重要なデータとして運用することができますのでマーケティングの様々な分野で効果を期待することができるのです。新興国のインフラの問題や人材不足の観点から、商品の製造クオリティーや納期に関する問題点が指摘されているケースもありますが、日本のコンサルティング会社が新興国の人材開発に乗り出している傾向もあり改善の兆しがみられております。ODMなどの生産受託請負業者を利用する際は様々な会社を比較することや、受注先各国のインフラや設備環境などの下調べを入念に行なうことが大切です。